ワタスゲ当たり年!

 2017-06-15
DSCF4191.jpg
黒っぽい蕾そして黄色の花のワタスゲ。雪解けが遅くなかなか花が見れない八幡沼周辺ですが、今年は地味なワタスゲの花がとても目につきます。早、綿毛になったところは愛らしいオツムが揺れてます!(御在所園地巡回中)
DSCF4202.jpg
コバイケイソウも咲いてきました。昨年よりは良いでしょう。トビゲラやイトトンボも活動中。
DSCF4208.jpg
6月も中旬、寒気が入りはっきりしないお天気続きで肌寒いほどです。予報は良くなかったのですが、西和賀の山へ下見敢行。
DSCF4228.jpg
8時に登山口着。薄暗くて今にも降り出しそう。下見をしないで帰るわけにもいかず義務感のみで黙々と登ります。稜線に近づくととうとう雨具のお世話に。しかし本降りにはならず、束の間視界が開け、和賀川源流を覗き見ることができました。
DSCF4237.jpg
タグ :

残雪と花と

 2017-06-07
DSCF4142.jpg
6月に入っても結構な残雪がある裏岩手八幡平。秋田駒ケ岳~裏岩手トレイル~八幡平の残雪が目立ちます。諸檜岳周辺~畚岳は道に迷いそうですよ。
DSCF4148.jpg
日当たりの良い稜線は花が咲き乱れ、眩しいほど。源太ヶ岳の山頂でホッと一息です。
DSCF4146.jpg
東斜面の雪田をおっかなびっくり下ります。雪渓下部のジメジメの湿原で一発尻もち!お尻がベチョベチョになりました。
DSCF4151.jpg
本日は姥倉山周辺を巡回。先日の大雨で沢筋の雪渓が流されたのか、北峰までの登山道には一片の雪も無し。でも八幡平方面は一見して残雪がかなりありそうですねえ。
DSCF4173.jpg
黒倉山のオンドル地帯に暮らせる植物!
DSCF4178.jpg
さて、こちらは庭のツツジ。今年は白が見事に咲きました。
DSCF4112.jpg
タグ :

残雪の富士ふたつ

 2017-05-31
DSCF4096.jpg
週明け月曜は良いお天気!八幡平巡回中に、ふたつの残雪の富士が望めました。八幡平周辺も雪解けが進んできましたが、今年は残雪多くてなかなかお花見ができません。「花を見に来たのに」と嘆くハイカーが多いのですが、待つしかありません。
DSCF4101.jpg
とはいえ、よく見ると咲いているものもあります。当たり年のようで、綿毛の時期が楽しみです。
DSCF4104.jpg
毎日景色が変っていく八幡沼周辺。鏡沼だけ見て帰るのは勿体ないですね。
DSCF4098.jpg
連日、残雪の中の作業で顔と腕が赤銅色の私。本日は久しぶりに土の登山道を歩いてみました。姫神の北斜面はムラサキヤシオが満開でした。
DSCF4109.jpg
タグ :

八幡平、やっと雪解け

 2017-05-24
DSCF4089.jpg
このところの暑さで、八幡平もさすがに雪解けが進んできました。毎日の作業も汗ダクダク。ガマ沼で水鳥が涼んでいます。私もお仲間になりたい気分でした。
DSCF4091.jpg
黒谷地も水分たっぷりの湿原が現れ始めました。アスピーテラインからの木道周辺の雪解けも進んでいます。クレーターのような穴が開き、覗いてみるとゴーゴーと雪解け水が流れています。この穴に入ると雪の天井の下を流されて行くことになります。黒川沢の下流まで出てこれないと思いますよ。怖~いお話!
DSCF4081.jpg
5日前の鳥海山遠望。霞まずに見えていました。この日は、月山、朝日連峰も肉眼でもよく見えた!
DSCF4065.jpg
タグ :

モノクロからカラーの世界へ

 2017-05-16
DSCF4027.jpg
寒気が入るとまだ雪が舞う八幡平県境周辺。3桁の標高になると、黄色やピンク色の世界になり、なんかホッとしますね。
DSCF4019.jpg
リュウキンカ、ショウジョウバカマ、コヨウラクツツジなど。でも沼の周りの斜面には結構雪が残っていました。
DSCF4021.jpg
八幡沼周辺はまだまだ雪の世界。ガマ沼、鏡沼、メガネ沼片目の融雪が始まってきました。いつからか「ドラゴンアイ」と言われていますが、融け出す様が確かにその宝石の色合いに似ているかも。
DSCF4015.jpg
ネマガリタケが棲家のこの毛虫も、ザラメ雪のお布団で早、お目覚めのようです。触れるとかぶれるので、タケノコ採りでは要注意。
DSCF4014.jpg

タグ :
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫