湿雪からザラメ雪へ

 2017-04-10
DSCF3760.jpg
昨日暖かな空気から冷たい空気に入れ変った八幡平。今朝は冷え込み、湿った雪質から良質のザラメ雪に変化しました。本日、仕事初め。
DSCF3725.jpg
昨日一昨日は遠くに行かずホームグラウンドを散策です。いつもお会いするテン君でしょうか。土曜日の雪は湿っていてちっとも滑らず、自分の出した巨大雪まくりにやっつけられそうに。
DSCF3744.jpg
昨日の午前中ははっきりしない空模様。今シーズンラストデイの下倉スキー場から中倉山を散策。山奥は風が意外と冷たく、スキーが良く走りました。中倉山の南東壁はほとんど亀裂が入っていない!こんな状態はなかなかないことです。これだったら滑られたかな、と思ったり。でもエントリーはやっぱり急ですね!
DSCF3747.jpg
タグ :

屏風尾根再び

 2017-04-06
DSCF3701.jpg
天気の崩れる前に屏風尾根再訪。予想通り薄曇りで大展望を背に登ります。南南西の生暖かい風で一気に雪が腐れました。
DSCF3694.jpg
先週苦労した雪庇帯は足場も崩れずに無事クリア。屏風尾根下方でグリベルのアイゼン(片方)拾いました。もしかして宮城・大崎の健脚な方々が失くされたのでは。お預かりしています。もっと上の方で半透明のメガネケースも拾いましたが。赤倉岳に近づくと天候悪化の兆し、強風が吹き荒れていました。飛ばされる程なので赤倉山頂からすぐに下山開始。稜線から飛ばされた雪玉が北側急斜面にコロコロ、結構なルースアバランチに発展していきました。スキーで来なくてよかったかな。
DSCF3709.jpg
赤倉詣でを済ませ不慣れなスノーシューでよちよち下ります。腐れ雪の斜面が延々と続き、わかんでは届かなかったと悟りました。七滝の氷雪の衣も本日で崩落の運命かと思われます。
DSCF3689.jpg
タグ :

ゆっくりと春

 2017-04-03
DSCF3677.jpg
4月に入っても降雪が続く八幡平。樹氷もまだ頑張っている!黄砂も見られず2~5cmの雪で毎日化粧直しされて、真っ白い山々が眩しいほどです。アスピーテラインの除雪作業も進んでいます。
DSCF3673.jpg
この時期モノクロだった世界にダケカンバのゴールドブラウンがもう一色添えます。
DSCF3661.jpg
雪庇は肥大したまま。本日の雪、日当たり斜面はザラメ雪の割合が増し、蟻地獄様のグサグサ腐れ雪状態。スキーで来なくてよかった。しばらくはスキーを使わずに登下降して歩きの足作りに励みましょう。
DSCF3667.jpg
屋棟岳南東面のオープン斜面、未だ亀裂が入らず。雪の積り方が良かったようです。先日は岩手山北側斜面をハイク。アオモリトドマツの倒木が吊る下がっていました。
DSCF3654.jpg
タグ :

ブナ林をスキー散策

 2017-03-26
DSCF3609.jpg
本日はほんのちょっとドライブして、静かなブナ林をスキーで散策。ここ3~4日の寒気での雪がなかなか良い感じで、斜度のあるブナ林は思いの外、上質の粉雪!今の時期にしては真っ白でたっぷりと雪を頂いた山々を山頂から一望した後、滑走を満喫しました。
DSCF3618.jpg
タグ :

稜線はまだ冷たい風!

 2017-03-20
DSCF3545.jpg
春分前日の日曜、快晴。帰路の滑走を考慮して北斜面の樹林帯をチョイスしました。松川から裏岩手稜線を目指します。湯ノ沢から大深岳付近の稜線に樹氷らしきものが見えます。
DSCF3548.jpg
積雪期だけ取っつける尾根から源太ヶ岳の南東斜面。一見しただけではクラックは確認できず。まあそのうち開いてくるでしょうが。
DSCF3562.jpg
尾根伝いに登ること2時間、フワフワの新雪が日に照らされてスキーに容赦なくまとわりつきます。足が鉛のよう、滑らないシールはホントに最悪。ワックス塗っていてもこの様です。しかし稜線が近づくとテンションアップ!
DSCF3558.jpg
樹氷もまだ残っていました。三ツ石もすぐそこですね。人気の山だけあって人影も確認できます。稜線はまだまだ冷たい北西風で長居は出来ず。下りは目論見通り、何とかパウダー滑走を楽しめました。
DSCF3561.jpg
タグ :
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫