風と戯れる

 2013-03-23
DSCF5690.jpg
茶臼岳の鞍部までは春めいていました。茶臼山頂がたびたび雪煙に包まれるのを見てはいましたが、これほどの風とは思わず。ジャケットのフードを被りスキーアイゼンも着けて「さあ風よ来い」と張り切って登って行くも、ピークに手が届くところなのに身動きが取れない程の強風に捕まってしまうとは。「戯れて」などいられません。必死でこの爆風から逃れる努力をしました。硬いアイスバーンを滑り落ちないようにと。持ち物どころか自身が飛ばされないようにと。しかしこの風、もはや剣のように凍れる厳冬の風ではなく、気持ちのどこかで「愉しんで」いられました。風下側の斜面に逃げ込み「フーッ」と一息。昨日も今日も強風の吹き荒れる八幡平でした。
スポンサーサイト
タグ :
コメント
順子さん こんばんわ

パックリですね(*_*;
八幡平は、毎年違う顔を見せてくれますよね
でもここ数年は特にそんなふうに感じます

愛してやまない八幡平(*^_^*)
順子さんのブログで近く感じます

team鹿は
明後日週1の休みに
さてさて、何処に出没しようか・・



【2013/03/26 23:33】 | まぁ鹿 #- | [edit]
まぁ鹿さまへ:昨日一瞬真冬っぽくなり、今日一寸だけ期待して茶臼直下を滑ると一瞬パウダーでした。ラストパウダーかなあーーー。ヨリピー
【2013/03/27 17:52】 | ヨリピー #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://noyamawokakeru.blog.fc2.com/tb.php/96-e25f3546

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫