絶景再び!晴れ女に微笑む岩鷲山

 2013-03-14
DSCF5443.jpg
岩手山西側大規模雪崩の積雪調査初日(3/12)朝はガスが去来していた岩手山周辺も10時を過ぎるとすっかりその雄姿を露わにしました。雪深い十日町からお越しの雪氷研究者竹内女史は岩手山エリアの「晴れ女」と呼ばれるべく、今回の入山でも見事にそれを証明してくれました。DSCF5437.jpg
朝方のガスが、美しい霧氷の世界を演出してくれました。樹氷は終わり、芽吹きの季節が巡ってきます。DSCF5456.jpg
女性2名のパーティーは順調なペースで鬼ヶ城末端尾根「切通し」ポイントへ。鬼ヶ城と屏風尾根の頂点に聳える岩手山の頂、その下の斜面に刻まれる二つの大雪崩跡、そして真っ黒な米倉岩峰ーーー。しばしの間、調査に来ていることを忘れてこの景色に見入ってしまう女二人なのでした。
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://noyamawokakeru.blog.fc2.com/tb.php/93-eedf0296

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫