『チャイコフスキー』との再会

 2013-02-18
DSCF5081.jpg
2月も寒さと雪降りの八幡平、穏やかな日を見計らって樹氷を見に行こうと思いつつ、茶臼岳より向こうにまだ行けずにおります。4日前に少し視界が戻り眺めてみると、山々は一段と吹溜まりすっかり福与かになっていました。DSCF5127.jpg昨日BSプレミアムシネマ(録画)で何十年も前に観た『チャイコフスキー』を再び観ることが出来ました。ソ連の映画で、中学生だった私にはかなり難解でしたが、その音楽と映像に心を揺さぶられたのです。白樺の延々と続く風景、ピアノ協奏曲の1楽章の変則オクターブのカデンツ、交響曲『悲愴』の勇ましい3楽章と咽び泣く終楽章ーー 晩生だった私が音楽することに目覚めたきっかけとなった思い出の映画は、記憶どおり素晴らしいものでした。
DSCF5114.jpg
スポンサーサイト
タグ :
コメント
順子さん、こんばんは

再会に感激しました!!
今年も八幡平の懐に抱かれ、常に新しい体験をした1週間でした
毎年勉強です

沢山お話できて楽しかったです
ありがとうございました!!!

ブログ見つけてしまいました!
またお邪魔します









【2013/02/21 20:58】 | まぁ鹿 #- | [edit]
まぁ鹿さまへ:コメント、サンキューです!この冬もお会いできましたね。お帰り後の八幡平は吹雪いて厳冬期になっています。ほんと、この冬はなかなか八幡平の樹氷まで行くことが出来ません。たどり着けたらアップしますね。ヨリピー
【2013/02/22 07:29】 | ヨリピー #- | [edit]
順子さん、ありがとうございます!

東京の喧騒の中、素敵な八幡平の景色を楽しみにしてます!!
【2013/02/22 12:57】 | まぁ鹿 #- | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2013/02/22 23:04】 | # | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://noyamawokakeru.blog.fc2.com/tb.php/88-4afdad3f

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫