嵐去り、山は束の間の静寂

 2012-12-28
DSCF4473.jpg
クリスマスから3日間すっぽりと寒気の中にあった八幡平の山々。一昨日は猛吹雪で下倉スキー場のリフトに乗っていることが苦痛なほどの寒さ、帰宅してもゾクゾク、翌朝喉が痛いではありませんか。風邪気味だったようで、昨日は医者に行って大人しくしました。本日は青空が広がり、風邪を気にしながらも八幡平樅山まで観測に出かけました。あちこちに嵐の傷痕、沢の奥に大きな雪崩跡があったとY君が興奮気味に話してくれました。スキーのトップが吹溜りに飲み込まれて遅々とした登り、下りもこのぶ厚い吹溜りに絡め取られまいと必死の滑り。一息ついて隣の斜面を眺めると、テンが一匹、忍者のように軽々と駆けていきました。(写真中央やや下)
DSCF4479.jpg
スポンサーサイト
タグ :
コメント
おはようございます、昨日はどうも。
山でウサギやカモシカとはよく遭遇しますが、
テンを見かけることは滅多にありません。
写真に撮るとなると神業です。
貴重な写真をありがとうございます。
【2012/12/30 08:15】 | けこぜ #- | [edit]
けこぜ様へ:あてずっぽうに(ダメもと)シャッターを切ったらなんと映ってました!ヨリピー
【2012/12/30 19:53】 | ヨリピー #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://noyamawokakeru.blog.fc2.com/tb.php/73-1292357d

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫