寒気が入った岩手山

 2012-11-15
DSCF3993.jpg
天気が回復してきた昨日も、山の方には雪雲がかかっていました。そして今朝は抜けるような青空、雪化粧した岩手山や八幡平を見てしまうともう家に居ることは出来ず、冬支度をして焼走り口へ急ぎました。
DSCF4001.jpg
第一噴出口まではミズナラなどの落ち葉が厚く積もっていて柔らかいものの、急ぐと下に隠されている溶岩や根っこに足をとられるので気が抜けません。標高1,250mあたりから積雪となり、西風に吹き付けられた風成雪の吹溜りもありました。久々に新雪の眩しさに目をショボつかせ雪を踏みしめて登ります。仙人のようなクサボタン、ヤマハハコもドライフラワーとなりながらまだ立っていました。ツルハシ分れから先は積雪が一段と増し、垂れ下がった潅木が行く手を阻みます。ハンノキやダケカンバの枝に咲いた雪の華も見事でした。
DSCF4011.jpg
スポンサーサイト
タグ :
コメント
初冬の岩手山いいですね。雪で垂れ下がった潅木なかなか厄介ですね。
昨年焼走りコース苦労したので、11/24~11/25は御神坂コースを登ります。
【2012/11/17 11:32】 | ABO #- | [edit]
ABOさまへ
明日あたりから雪が増えそうですね。まだ山では滑れないので耐寒訓練を兼ねて「ツボ足ラッセル」でがんばりますか!  ヨリピー
【2012/11/18 08:17】 | ヨリピー #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://noyamawokakeru.blog.fc2.com/tb.php/59-5e769e41

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫