またぎの里、打当へ

 2012-10-22
DSCF3702.jpg
土曜日は朝からよく晴れ、立又渓谷ツアーの車内も楽しい雰囲気の中、打当川を遡ります。紅葉はもう少しというところ、でもツタウルシやヤマブドウは真っ赤になっていました。立又沢沿いの道を行くと、じきに落差も角度もある一の滝が現れ、その先あたりからボリ(ナラタケ)があちこちに出ていて、津軽の方々は見逃すわけがなく、その都度「サモダシだ!」と歓声が上がっています。収穫を我慢しなければならない私にとっては「目の毒」でしたが。ツキヨタケもニガクリタケも一斉に出ていました。幸兵衛滝周辺は見事な紅葉、白っぽい凝灰岩のスラブ状の崖と青空が赤や黄を一段と引き立てていました。
DSCF3713.jpg
またぎの里、打当周辺には木彫りのオブジェがいたるところにあります。スクッと立っているクマ様、下から見上げると迫力があります。藪からウワーッと出てこられたら間違いなく金縛り状態で、なす術が無いのでしょう。
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://noyamawokakeru.blog.fc2.com/tb.php/53-a8d3e610

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫