八幡平、昨日は大荒れ!

 2017-07-17
DSCF4419.jpg
昨日は夜明け前から雷鳴そして日中ずっと豪雨の八幡平。本日「海の日」はお天気が回復、八幡平へ。恵みの雨に草花たちは蘇っていました。
DSCF4402.jpg
晴れたとはいえ大気は不安定のようで、北~東の空にはもくもくと入道雲が発達していました。黒谷地から安比岳分岐の登山道は洗掘され深いU字溝状の箇所があり、強雨の度に両サイドが崩れて増々深くえぐられていきます。上に生えていたミヤマホツツジやシダなどが土ごと溝の底に落ちていました。
DSCF4399.jpg
川や沢が氾濫するのは勿論ですが、時間50~60mm~の雨になると上から下へ凹状の場所はどこでも水が流れていくのでしょう。土砂も岩も木も一緒になってーーー「山津波」となって。
DSCF4431.jpg
この夏は7月2週目から突然の猛暑。この暑さの中で泥まみれで災害復旧に関わっている方々のご苦労を思います。
DSCF4427.jpg
スポンサーサイト
タグ :
コメント
こんにちわ、関東地方も日照りつづきにより、水不足で取水制限も始まっています。今年は空梅雨としか言いようがありません。その一方で九州地方の豪雨による被害が拡大している状況を見るにつけ自然の猛威に慄くとともに人間の無力さを痛感させられます。真夏を思わせる二枚目の写真に感動です。
次回を楽しみにしています。
【2017/07/19 14:28】 | #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://noyamawokakeru.blog.fc2.com/tb.php/409-a19ded9e

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫