ゆっくりと春

 2017-04-03
DSCF3677.jpg
4月に入っても降雪が続く八幡平。樹氷もまだ頑張っている!黄砂も見られず2~5cmの雪で毎日化粧直しされて、真っ白い山々が眩しいほどです。アスピーテラインの除雪作業も進んでいます。
DSCF3673.jpg
この時期モノクロだった世界にダケカンバのゴールドブラウンがもう一色添えます。
DSCF3661.jpg
雪庇は肥大したまま。本日の雪、日当たり斜面はザラメ雪の割合が増し、蟻地獄様のグサグサ腐れ雪状態。スキーで来なくてよかった。しばらくはスキーを使わずに登下降して歩きの足作りに励みましょう。
DSCF3667.jpg
屋棟岳南東面のオープン斜面、未だ亀裂が入らず。雪の積り方が良かったようです。先日は岩手山北側斜面をハイク。アオモリトドマツの倒木が吊る下がっていました。
DSCF3654.jpg
スポンサーサイト
タグ :
コメント
こんにちわ、アスピーテラインの除雪作業を見ていると、私が12年間通い続けた鳥海山の矢島町から秡川ヒュッテまでの雪壁の回廊が蘇ってきます。今はどこの春スキーも道路が開通し便利になりましたね。私が通った八甲田山はいつも萱野茶屋からタモヤチ岳を超えて酸ケ湯温泉には入りました。立山も美女平から一日がかりで地獄谷に入る山屋さんの世界でした。立山も黒部ダムから入ることが出来るようになった2日目に入りましたが、本当に便利なったました。途端に山屋さんの世界からスキーヤーの世界に変わったことを実感しました。次回を楽しみにしています。
【2017/04/05 21:07】 | #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://noyamawokakeru.blog.fc2.com/tb.php/392-60805b71

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫