稜線はまだ冷たい風!

 2017-03-20
DSCF3545.jpg
春分前日の日曜、快晴。帰路の滑走を考慮して北斜面の樹林帯をチョイスしました。松川から裏岩手稜線を目指します。湯ノ沢から大深岳付近の稜線に樹氷らしきものが見えます。
DSCF3548.jpg
積雪期だけ取っつける尾根から源太ヶ岳の南東斜面。一見しただけではクラックは確認できず。まあそのうち開いてくるでしょうが。
DSCF3562.jpg
尾根伝いに登ること2時間、フワフワの新雪が日に照らされてスキーに容赦なくまとわりつきます。足が鉛のよう、滑らないシールはホントに最悪。ワックス塗っていてもこの様です。しかし稜線が近づくとテンションアップ!
DSCF3558.jpg
樹氷もまだ残っていました。三ツ石もすぐそこですね。人気の山だけあって人影も確認できます。稜線はまだまだ冷たい北西風で長居は出来ず。下りは目論見通り、何とかパウダー滑走を楽しめました。
DSCF3561.jpg
スポンサーサイト
タグ :
コメント
こんにちわ、今日は懐かしい三ツ石山を見させていただきありがとうございます。私はS46.3.21に挑戦しましたが天候が悪く、手前の大松倉山に登頂して引き返してきた思い出があります。スキーツアーを楽しむなら八幡平、岩手山周辺はルートが沢山あり一番です。若き日には源太ヶ岳も目標に入っていましたが、実現せずに終わりました。次回を楽しみにしています。(岡村)
【2017/03/21 11:54】 | #- | [edit]
岡村様;春分も過ぎ日照も一段と強くなってきました。山の雪質が微妙な時期、ザラメになったかと思うと新雪でその後腐れ雪など、山滑走が難しい季節です。ヨリピー
【2017/03/21 17:22】 | ヨリピー #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://noyamawokakeru.blog.fc2.com/tb.php/390-b65d8d8a

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫