初めての”仲人” 裏口のブライダル

 2012-09-07
日照りが続く中待ち望んでいた雨、生き物が一斉に息を吹き返した感じです。そして山麓にも涼やかな空気が入り庭のキバナコスモスの橙色がまるで電灯のようです。
DSCF3197.jpg
一昨日の宵の口、裏口の扉の磨ガラスに「夜の訪問者」発見。大型の蛾が羽を震わせています。雨で羽化することが出来たのか。好奇心で扉を開けて中に飛び込まれたら大パニックになるのでとりあえずガラス越しに眺めるだけにして、朝に再び見るとまだ滞在している様子。カメラ片手にサンダルを突っかけて外から回ってみると、果たしてクスサン、しかも2匹。よく見るとペアになっています。羽もそれほど痛んでおらず羽化して間も無いお二方は、日中もずっと仲睦まじくしていました。もしかして7月中旬に出会った白髪タロウが報告にやって来たのか、ならばこれも何かのご縁、僭越ながら私が仲人で「裏口ブライダル」ということに合いなった次第です。新婦は夜も再び裏口に挨拶に来ました。ガラス越しに良く見るとクリッとした目がなかなかキュートで、善き怪獣「モスラ」そっくりでした。お幸せに!
DSCF3170.jpg
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://noyamawokakeru.blog.fc2.com/tb.php/39-ab592b50

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫