持ちこたえている樹氷原

 2017-03-14
DSCF3453.jpg
昨日は3月の大深方面巡回、裏岩手方面がすでに怪しい雲行き。中倉山方面には週末の入山者のトレースがありました。下倉山~中倉方面、南側の断崖に沿って西に向かえば良いのですが、忠実に辿ると小さい起伏が結構あります。今回のはそのタイプ、多分体力の有り余った山ヤさんのナビ?中倉山山頂から上倉断崖を俯瞰、吹き溜まって傾斜が緩んできました。
DSCF3469.jpg
先ほどまで去来していたガスも晴れてきて、森吉、焼山更には津軽の山々も望めました。樹氷原も健在です。日曜は月夜でたくさんの足跡、ウサギとテンの命がけの「追いかけっこ」だったのでしょう。大深岳から旧八幡平スキー場方面を望みます。
DSCF3476.jpg


スポンサーサイト
タグ :
コメント
こんにちわ、もう暦の上では春です。冬山も一応遠のきこれからは春山へ変化するのでしょうが
写真を見ている限り山は冬ですね。2枚3枚目の写真は見ごたえがあります。このような景色は東北の山でないと見られません。いつも楽しませていただきありがとうございます。次回を楽しみにしています。(岡村)
【2017/03/16 12:41】 | #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://noyamawokakeru.blog.fc2.com/tb.php/389-d2b4cc92

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫