真冬の寒気は何処へ?

 2016-12-19
DSCF2841.jpg
一昨日までは厳冬並みの吹雪だった八幡平。金曜土曜と40cmずつの新雪で斜面の雪付きもやっといい具合になるかと思ったのですが、寒気が抜けたら一変して暖かい空気に覆われてしまった!
DSCF2861.jpg
青空が広がり遠目には良さそうな雪ですが、実はバリバリのモナカ雪なのですよ。午前中御在所に車を駐め、降りた途端にどこもかしこもスケートリンク。昨日一旦解けて凍り、風にも煽られてアヒルのように歩いてもなお滑りました。暖気の後は「春一番もどき」の低気圧襲来とか。この冬のバックカントリーも難しいコンディションになりそうな予感。
DSCF2851.jpg
スポンサーサイト
タグ :
コメント
こんにちわ、最初の写真を見ていると、八幡平スキーツアーに出かけたものの、天気が悪く昭和42年3/16から3日間当時の八幡平ユースホステルに3日間停滞して最後に茶臼岳に向かった時の同じよう天候でした。しかし、八幡平山頂に着いたときは青空一色でみんなで感激したことが蘇ってきます。毎朝ウォーキングしていると男体山が見え、11/24頃は真っ白だったのですが、今は山頂部分でだけです。こちらも小春日和が続き年末の寒さはありません。次回を楽しみにしています。
【2016/12/24 18:54】 | #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://noyamawokakeru.blog.fc2.com/tb.php/377-76547e27

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫