北風と太陽

 2016-11-21
DSCF2679.jpg
本日も小春日和と思いきや、七時雨田代平登山口は思ったより寒い。歩き出してすぐ氷柱の小世界を発見!
DSCF2683.jpg
氷の元は、牛たちの水飲み場。蛇口から水が吹いています。もっと寒くなったらどうなるのでしょう?牧野を進むと、赤べこの落し物に紛れて新しいクマの糞が盛り上げられていて気が引き締まります。3合目手前の牧野はいつの間にか畑になっていました。
DSCF2690.jpg
北峰側の登山道は陽が当たらず、霜柱がそのままで歩き易い。しかし山頂付近は霜が解けてズルンズルン状態。南峰側から登らないで良かった。八幡平の雪もおしるし程度、でも明日から強い寒気が入る予報です。
DSCF2692.jpg
「天高く猫肥える秋」ただ一匹我が家に居付いてくれたクロ子も先月2歳になりました。秋からよく食べること食べること。
DSCF2677.jpg
まんまるです。南側のお気に入りのスポットで日光浴!外に出ると黒豹に変身、クールなハンターなのです。
DSCF2675.jpg
スポンサーサイト
タグ :
コメント
こんにちわ、中垣淑子先輩が好きだった七時雨山、先輩が通い詰めて絵葉書にした風景が懐かしく蘇ってきます。一度訪れてはと誘われたこともありましたが、もう写真を見て楽しむ山となってしまいました。今にして思えば、どの山も登れるうちに時を惜しまず登っておくことが大事だったなあと感じています。次回を楽しみにしています。



【2016/11/26 20:15】 | #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://noyamawokakeru.blog.fc2.com/tb.php/373-b7073505

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫