風が一段と冷たくーーー

 2016-10-25
DSCF2426.jpg
昨日は終日閉鎖だった八幡平の山岳道路。きょうも県境付近の道路脇には吹溜ったらしき雪が残っていました。黒谷地の池塘の氷も見た目より硬かった。
DSCF2436.jpg
源太森から遠くの山々がよく見えました。八甲田の大岳も随分と白くなっている!
DSCF2449.jpg
北上山地の山々もよく見渡せました。
DSCF2434.jpg
昨日は単身、葛巻~平庭経由で岩泉町安家地区へ再びお手伝い。安家小中学校向いの安家川岸に建つ小さな産直がボランティアセンターとなっていました。川沿いにすごく冷たい西風が吹いて土埃が舞い上がリます。寒い季節が間近に迫っているのを体感。
DSCF2416.jpg
災害ボランティアOPEN JAPANのリードで愛知の災害ボランティアチーム、東京の学生さんチームに混ぜてもらい、安家川上流部に注ぐ折壁川沿いの酪農家を目指しました。車で約30分、直したての道と橋を渡り牧場へ。赤べこ(岩泉牛)がモーモー鳴いている中、泥・土砂出しや清掃に汗を流し、というか動いていないと寒くて大変。戸外でお昼を食べていたら霰に見舞われました。雪が降る前に少しでも住みやすくなるようにと。本日のチームも県人2名のみ。ひとりは代休をボランティアに当てた普代村の若い男性教員でした。岩手県人のボランティア参加率低いのが悲しい。
DSCF2422.jpg

スポンサーサイト
タグ :
コメント
こんにちわ、ボランティア活動お疲れ様でした。事が起きて時間が経つと忘れられていくことがこの世の常とはいえ、本当に残念なことです。私達の退職者会は福島原発事故で被災された方達に特化してボランティア活動を続けていますので、私が管理している退職者会HPのテロップは「被災された方々への支援を続けましょう」と五年間変わりません。それによって毎年いくらかの募金が集まってきます。
さて、東北の山はもう冬支度ですね。懐かしき八甲田山の写真を見て若き頃滑った思い出が蘇ってきます。
次回を楽しみにしています。
【2016/10/27 10:06】 | #- | [edit]
岡村様;いつもありがとうございます。災害ボランティア活動は息長くすることが大切ですね。ヨリピー
【2016/10/27 18:05】 | ヨリピー #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://noyamawokakeru.blog.fc2.com/tb.php/369-b89356e1

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫