焼山ロケ

 2016-09-25
DSCF2115.jpg
番組撮影下見で八幡平・焼山へ。毛せん峠付近から名残峠にかけてはツツジ科の植物がいっぱいです。また、地獄の谷に真紅の茎を伸ばしたイワカガミの大群落が見事。
DSCF2082.jpg
湯の沢から上がってベコ谷地コースに入ると、北西の山腹を巻く登山道が数年前と比べ変化していました。傾斜のある場所は大きな石がゴロゴロ、その先の平らなところは泥沼状態そして道が洗掘され。このところの集中豪雨の影響でしょうか。
DSCF2117.jpg
後生掛温泉周辺の泥火山。硫黄混じりの粘土が鍾乳洞を思わせる景色となっています。話は変わって、岩泉安家洞の鍾乳石は幸いにも台風10号被害に耐えたようです。明るいニュースではありますが、今回の台風被害で日常生活を失った集落の苦悩は続いています。せめて、泥出し作業の手伝いを心がけたい。
DSCF2057.jpg
スポンサーサイト
タグ :
コメント
こんにちわ、地図を見ながら焼山ロケのトップの写真がどの当たりなのかイメージしながら楽しんでいます。私が好きな風景です。針葉樹林が多く広葉樹林のような紅葉は見られないにしても、もう山は染まり始めているのでしょうか。台風被害で日常生活を失った集落の苦悩を思うと、行政はもっと早く手を差し伸べてほしいものです。次回を楽しみにしています。(岡村昭則)
【2016/09/28 14:42】 | #- | [edit]
岡村様;ここ2~3日で八幡平周辺の紅葉も進んできました。標高1000m前後までの中低木が色付きましたが、ブナやミズナラはこれからです。水害被害は大変。行政は勿論ですが、泥出しなどは手作業になるので一人でも一回でも多くのボランティア活動が欠かせないのです。ヨリピー
【2016/09/30 15:57】 | ヨリピー #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://noyamawokakeru.blog.fc2.com/tb.php/365-ae0a9145

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫