台風が去った朝

 2016-09-01
DSCF1925.jpg
迷走した挙句、岩手沿岸・北部を襲った台風10号が通り抜けた翌朝の北上山地。進路予報はもう少し南から上陸ということでした。被災するか否かは紙一重。人間の営みは、自然の威力の前に何と儚いものか。再び思い知らされた、今回の台風襲来でした。
スポンサーサイト
タグ :
コメント
 台風10号で岩手7市町は甚大な被害を被り、特に岩泉町では高齢者施設入所の方が9人も犠牲になったことや被災された皆さんのことを思うと胸が痛みます。亡くなられた方には冥福を祈るばかりです。平山さんが「被災するか否かは紙一重。人間の営みは、自然の威力の前に何と儚いものか。再び思い知らされた」と言うように、まさしくその通りだと思います。次回を楽しみにしています。(岡村昭則)
【2016/09/01 20:48】 | #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://noyamawokakeru.blog.fc2.com/tb.php/362-d54aba5e

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫