残雪も僅か、県境の山々

 2016-06-23
DSCF1471.jpg
「梅雨入り」発表後も「カラ梅雨」状態にならないで、よく降っている八幡平山域。アスピーテ&樹海ラインの山岳道路も霧が垂れ込め、いつでもクマ様にお会い出来そうな日が続いています。クマ報道がどうであれ山菜採取者はフツー通りという感じで、道路脇に駐められたそこそこの台数の車、雨中でもタケノコ採り装束で気合十分の人々!「○○きとタケノコ採りは三日やったら止められない」?
DSCF1554.jpg
先日の日曜は梅雨の晴れ間!「残雪の裏岩手開山祭」の記念登山は4コース共、楽しく開催できまして感謝。姥倉・黒倉コースは残雪無しで、遠くのそれを眺めるだけでしたが。下山して、宵の口から雷と雨。以来梅雨空続きです。
DSCF1575.jpg
『羊と鋼の森』今年の「本屋大賞」作品です。6月初めの東京方面演奏旅行移動中に読もうと購入。心に静かに響く内容で、味わって読み進めています。

スポンサーサイト
タグ :
コメント
こんにちわ、裏岩手山開山の写真からも残雪が少ないですね。東北の残雪の山が大好きで、鳥海山の春スキーで12年間通い詰めました。鳥海山のスキー場開発反対運動にかかわった中垣さんに頼まれて、職場で署名活動をしたこともありました。東北地方の山菜取りで人喰いクマの報道には驚きました。作家吉村昭さんの熊嵐が蘇ってきます。次回を楽しみにしています。
【2016/06/26 11:07】 | 岡村昭則 #- | [edit]
岡村様;本日月曜久々に青空が覗いています。雨で一段と緑が深まってきました。ヨリピー
【2016/06/27 08:04】 | ヨリピー #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://noyamawokakeru.blog.fc2.com/tb.php/352-7ac63c89

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫