フニクリ、フニクラ!焼山へ

 2012-08-25
昨日昼から八幡平山麓にも雷雨があり、熱かった大地がやや冷やされました。熱雷型で山麓も一時的に停電、松川の変電所に東北電力の修理車がサイレンを鳴らして上がっていきました。三ッ石山北面が源頭の松川の増水も劇的でした。14時前に山麓で雷雨が始まり約1時間後に上がり川はまだ渇水状態で麓の橋付近はチョロチョロ、しかしその1時間後には川幅いっぱいに赤茶色の濁流でした。
DSCF2733.jpg
水曜日は後生掛温泉から焼山ツアー。11時頃のスタート、標高1,000m弱なのに30℃近くあります。「フニクリ、フニクラ!火の山へ」でなく焼山へ。ブナ林に入ると涼しくなりましたが所々にある巨大なミズバショウが倒され喰いちぎられ、栂森の登山道上には真新しいクマの糞が。今度はクマ様のご機嫌伺いです。この日は大勢でしたが一人だったら間違いなくフニックリッ、フニックラッ!鈴を打ち振り声を限りに張り上げ歌いながらの道中となるところでした。焼山は地熱が高いだけでなく、なぜか赤々とした植物が多いです。イワカガミの葉も長くなった茎も、アカモノの実もホツツジも真っ赤ッカ。暑ーいツアーでしたがゲストは皆無事に歩いてくださいました。感謝!
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://noyamawokakeru.blog.fc2.com/tb.php/35-7619584a

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫