沢歩きに涼を求めて

 2012-08-23
猛暑が収まる気配がなく山も里も干上がってきました。山の水場も多くが涸れている状況です。
日、月曜に涼もうと沢歩きをしました。数年前の秋田内陸北部の集中豪雨から暫くご無沙汰だった夜明け島渓谷、入り口に車を停め外に出るとすぐ多数(数種)のアブにたかられました。もういないと思っていましたが甘かった。渓谷沿いのルートは梯子が架け替えられていたりロープや足場も足してあり再整備されていました。滝100選「茶釜の滝」もヒョロヒョロ状態、とにかく暑くて涼むどころではなく川の中をザブザブ歩いて凌ぎました。帰宅すると二人とも水面からの照り返しで日焼けし金時顔になっていました。(写真は茶釜の滝の下の滝)
DSCF3036.jpg
月曜は写真家多賀谷氏と早池峰方面の沢歩き。源頭から上は蛇紋岩の「フライパン」という感じで、植物も人間も干からびそうでした。午後になりやや日が翳った稜線を歩いていると、ホシガラス一族の「松ぼっくり晩餐会」が盛大に繰り広げられていました。
DSCF3078.jpg
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://noyamawokakeru.blog.fc2.com/tb.php/34-aabc649b

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫