足慣らし、家から近い岩尾根へ

 2016-04-05
DSCF0919.jpg
抜けるような青空に誘われ、家の南側真正面に聳える屏風尾根で足慣らし。七滝登山口付近はすでに雪が消えていました。
DSCF0915.jpg
朝方の冷え込みで雪面が硬く快適に登れました。縞模様の大地獄谷を俯瞰。
DSCF0909.jpg
秋田駒も見えています。姥倉山の黒倉側北斜面には何やら怪しい穴が開いています。ガス穴でしょうか?
DSCF0922.jpg
今の時期ツボ足が意外と早いかも、といっても雪質によりますが。八幡平リゾートパノラマスキー場周辺も雪が消えて春めいています。
DSCF0920.jpg
下倉スキー場内を横切る樹海ラインの除雪作業も進んでいます。どんどん春、ヤマガラ、啄木鳥のドラミング、ホシガラスのギャーギャーギャーッと賑やかな疎林帯を、軽やかにとはいかず緩んでしまった雪を踏抜きヨロヨロしながら下りました。
DSCF0925.jpg
スポンサーサイト
タグ :
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2016/04/08 10:05】 | # | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://noyamawokakeru.blog.fc2.com/tb.php/339-4e220d2a

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫