夏油の珍獣「蛙頭蛇尾」

 2012-08-12
「カエルの顔をしたヘビ」と遭遇した瞬間「これはいったい何?」と頭が混乱。気を落ち着けてよく見ると、ヤマカガシがヒキガエルをお尻から呑み込み始めたところでした。私に気がついたのかヤマカガシは首のあたりを真っ赤にしながらズルズルと後退り。かつて夏油温泉付近の登山道で目撃した「蛙頭蛇尾」の種明かしでした。
DSCF2785.jpg
先週の木曜、夏油川大鹿沢を遡りました。『いわての沢』の著者、大御所S先生のリードでちょっと遅い今年の沢初めです。こじんまりした沢ですが小ゴルジュありナメありでミズや茸も収穫できました。途中やはり遭いました。長老?のヤマカガシ、鎌首をもたげて舌もヘロヘロッと出し思い切り威嚇されました!中間部の二俣辺りからはさっき歩いたクマの足跡がベタベタとあり、2人パーティーでは不安な気がして声を出しながらの遡行となりました。
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://noyamawokakeru.blog.fc2.com/tb.php/31-9866c6cf

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫