雨のち雪化粧

 2015-04-03
DSCF6883.jpg
ザーザー降りとなった1日エイプリルフール。山は午後から雪に変わり、青空が広がった昨日は新雪を頂いた山が眩しい程。晴天に誘われて中倉山まで歩きました。急斜面のあちこちに春の雪崩の痕跡が見て取れます。
DSCF6917.jpg
いつもの見晴台で上倉断崖をしばし鑑賞。微妙に釣り合っている雪庇そして時に崩落ですが、このような景色に毎回見とれてしまう私です。湿った雪ですっかり濡れたシールを剥がし滑走ですが「ウワーッ!」スキーが曲がりません。湿っぽい新雪が風でパックされメレンゲ状態のテクニカル雪。それでも「滑る写真家」Tさん、颯爽と滑っていました。
DSCF6922.jpg
3月末から山の雪解けがハイペース。山麓の雪が消える前に雪シーズン限定の「探検」に出かけます。ミズナラ林を歩いていると、春の便りマンサクに出会いました。
DSCF6836.jpg
広い尾根を黙々と登ると、コメツガの密林と急斜面に阻まれました。この日の北面樹林帯は表面が凍って踏むと割れる「モナカ雪」。こうなると横滑りも難しいので探検終了、スゴスゴと引き返しました。
DSCF6866.jpg
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://noyamawokakeru.blog.fc2.com/tb.php/276-b96e2ce2

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫