春分の裏岩手

 2015-03-21
DSCF6717.jpg
雪を漕いでの大深方面パトロールから一週間、山はすっかり春の顔でしたが、日差しはあるのに意外と気温が低くあまり緩まなかった本日の源太ヶ岳周辺の雪面。黄砂斑の流水溝が縦に入り斜面はすっかりガタガタで滑りのテンションは下がります。
DSCF6680.jpg
山の師匠が大深山荘に泊まるということで、飲み物のお土産を持ってお邪魔しました。居心地が良くてつい長居をしてしまい、日が傾いてきた山を後にしました。
DSCF6728.jpg
三ツ石へ続く稜線に西日が当たっています。大深方面、さすがにもう樹氷は残っていませんでした。
DSCF6733.jpg
御在所もアスピーテ冬期ゲートまで除雪され、本格的な作業の準備段階に入りました。
DSCF6650.jpg

スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://noyamawokakeru.blog.fc2.com/tb.php/272-33cd7095

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫