クマの気配続く八幡平源太森

 2012-08-03
涼を求めての八幡平に上がっても暑さが追っかけてきます。昨日もお日様ギラギラの中、茶臼口から総勢45人のツアー、大名行列のようでした。汗ダクダクで歩きましたが、源太森付近から涼やかな風。ただ7月の下旬からこの辺りの登山道でクマ様の目撃情報が多いようです。源太森入り口にもまた新たな糞がありました。盛んに生えてきたセリ科の「サラダ」を味わっているのかも知れません。
DSCF2676.jpg
ツアーの後、藤七温泉付近の道端でミヤマフキバッタの仲間に会いました。羽が退化し「飛ばないバッタ」ですが跳躍力は強そう、後ろ足が見事です。深山~高山の草むらでよく見かけます。緑色だと羽が無くお腹がむき出しでも平気ですが、褐色(蝦茶)だとギョッとしてしまいます。暗がりに居る「カマドウマ」これはどうも苦手です。
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://noyamawokakeru.blog.fc2.com/tb.php/27-3ed43659

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫