雨のち氷の世界へ

 2015-03-02
DSCF6426.jpg
一週間前の日曜夜、山麓はザーザー降りの雨。翌日から黄砂混じりの西風で、山に上がって見るとガチガチの氷プラス黄砂パウダーが乗っかている所もある斑状態でした。この間大きく雪崩れた斜面は氷の壁となり上部には雨の溝が出来ました。
DSCF6442.jpg
先週半ばに茶臼岳の鞍部から県境の畚岳方面を眺めると、樹氷も早、半落ちしてしまった感じです。今年の樹氷は短命だったようですね。残念!御在所から茶臼岳付近の多くがガリガリのアイスバーンでしたが、この日岩手山で遭難事故発生とのニュース。翌日午前の岩手山外輪北側ですが、まだ凍って黒光りしていました。あの辺りに怪我をしてビバーク?助かって良かったです。
DSCF6453.jpg
カナダから講師がお越しになり2泊3日の雪崩講習を受けました。2日目の午後から安比高原は猛吹雪となり臨場感溢れる中でのトレーニング。自分の雪山での行動に足りないこと、勘違いしていることを炙りだされた3日間。雪山は奥が深いです。
DSCF6458.jpg
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://noyamawokakeru.blog.fc2.com/tb.php/269-c25eab1e

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫