山を滑ることいろいろ

 2015-01-07
DSCF5727.jpg
松尾村の八幡平スキー場は脚前?自慢のスキーヤーの聖地でした。が2008年に廃業、今はご覧のとおり建物もリフトも何も無くなり「スキー場跡」となっています。営業中は刈っていたブッシュも今はだいぶ伸びてしまいましたが、アスピーテライン冬期ゲート手前まで除雪されており、この周辺を滑るスキーヤーやスノーボーダーで今もそこそこ賑わっています。
DSCF5726.jpg
ここ何十年かでスキーはスキー場で滑るという「常識」が浸透したのですが、管理されていない山の中を登って滑る醍醐味を知るとそちらを目指す若者(自称も含)も出てくるのです。しかしそれは自然の脅威と向き合うことでもあり相応の体力、技術、知識と備えが必要です。そこに面白みがあるとも言えます。
DSCF5697.jpg
山では普通に起こる雪崩は特に気をつけなければならない事。呑まれてしまうと命を落とすことが多く遭わないようにすることが鉄則ですが、そう簡単にはいきません。今年も雪崩の勉強会を企画しています。1/13(火)18:30~『2015雪崩事故防止フォーラム』滝沢ふるさと交流館。詳しくは下記のHPを見てください。
http://nennadare.web.fc2.com/
スポンサーサイト
タグ :
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2015/01/08 07:58】 | # | [edit]
順子さま

今シーズンはかなり良いコンディションの様に見受けられます。
今年も2月にお邪魔します。とても、楽しみです。

毎年、安全第一、山に遊ばせてもらってる気持ちを忘れずにいたいと思ってます。

まぁ鹿
【2015/01/10 20:13】 | まぁ鹿 #- | [edit]
まぁ鹿さま:いい感じで雪が入っています。程々に楽しんで、山に感謝して、滑れたことに感謝して、デスね。お待ちしてます!ヨリピー
【2015/01/11 19:08】 | ヨリピー #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://noyamawokakeru.blog.fc2.com/tb.php/261-91645292

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫