遠かった阿弥陀山

 2014-11-27
DSCF5420.jpg
週明けの振休、七時雨カルデララインが閉まる前に下見も兼ねて田代平へ向かいました。七時雨山荘も冬終い、牧柵の開いた牧場には赤べこの姿はなく、しかし乾いてしまった大小の糞は多数有り。風の冷たい駒木立からカチカチの岩手山焼走りが光っているのがよく見えました。
DSCF5451.jpg
そして明日からカルデララインも閉鎖。その前に阿弥陀山までのヤブ尾根にチャレンジすべくまた駒木立に来てしまいました。頂で藪山用合羽を着て気合を入れ東斜面を急降下。ダケカンバ、ツツジ、ミネカエデなどの低木と太いネマガリタケの入り混じったなかなかのヤブ。
DSCF5435.jpg
なだらかにみえる尾根も途中小岩峰もありアップダウンがあるのでした。中間地点やや手前の鞍部の手前、尾根が広くなりかけた所の残雪に新しい大グマの足跡。先の尾根は平らになり見通しも乏しくなりそう、ともはやビビリモード突入でUターン。ビシバシとヤブ登りに大汗をかき再び駒木立へ戻ってきました。
DSCF5445.jpg
雪のない時期の阿弥陀山へはまた行けずじまい。また来シーズンの宿題となりました。五ノ宮獄~皮投岳がよく見えています。駒木立からはヤブから開放されたは良いけれど、凍った土塁の黒土が解けて緩んで滑るのなんのって。四つん這いになった箇所あり。安比から茶臼方面も見渡せました。今時期にしては雪がちょっと遅れていますか。
DSCF5444.jpg
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://noyamawokakeru.blog.fc2.com/tb.php/252-4abf2a60

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫