岩手山;晩秋の装い

 2014-10-22
DSCF4988.jpg
午後には雨が降る予報。一昨日Kチャンと岩手山北側~西側巡りをしました。上坊口からの山頂最短ルートを辿り外輪への砂礫の登り、冷たい風が吹き黙々と足を進めていると、モノトーンの景色の中に鮮やかな黄色い物体。空缶が落ちていると思ったら、何とアオバトの亡骸!何故ここに?アオバトに何が起こったのかしばらくの間思い巡らせましたが、解るわけもなくーーー。アオーアオアオの声は時折耳するも、その姿を見たことはなく。こんな形で出会おうとは。合掌。
DSCF4985.jpg
貸切の山頂、今回はいつもよりちょっと嬉しい気分で立ちました。風に追ったてられて早々に退散。
DSCF5010.jpg
平笠不動から屏風尾根米倉基部経由でお花畑へ。西側大雪崩跡のその後を何枚か撮り、雲行きが怪しくなったので帰路を急ぎます。大地獄谷では専門家数人で火山の観測調査が行われているようでした。
DSCF5030.jpg
標高1000mを切るとまだ黄色や赤の葉っぱが残っていて明るい山道となっていましたが七滝付近の紅葉ももう終わりそうですね。落葉後は思わぬアングルから山の景色が眺められ、晩秋初冬の山歩きが楽しくなります。
DSCF5041.jpg
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://noyamawokakeru.blog.fc2.com/tb.php/242-05cf5422

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫