秋の気配濃く

 2014-09-15
DSCF4456.jpg
お盆以降とうとう暑さが戻らずに秋へまっしぐら。八幡平夜沼の周りも草紅葉が始まってきました。このところの山での足馴らしも順調なので、連休最終日は松尾側から雫石側への山越えトレッキング敢行。黒倉山北東側は幾分色付いてきました。
DSCF4494.jpg
県民の森から標高1,000mを越してもなお大勢の藪蚊がご同行、足を止められずに左保沢分岐まで登らされました。その後はヤッケのフードを被ってのスタイルからやっと開放されカメラも出せました。大地獄谷から岩手山外輪をズームで撮ったのを見たら、なかなかの人出でしたねえ。
DSCF4497.jpg
切り通し~黒倉山へひとしきり登ると裏岩手方面のパノラマが広がりました。三ツ石山頂付近は大分赤くなっているようでした。今年の紅葉はちょっと早いかもしれません。
DSCF4522.jpg
黒倉山の頂周辺は地温が高くホカホカ、湯気も絶えず出ていますが姥倉山分岐周辺もバヤーッと立ち上っています。苔の緑が眩しいほど。ちょっとぬかるんだ縦走路から展望リフトの脇を通って網張スキー場ゲレンデを下りました。下りのリフトも上りと同じだけ時間がかかり、歩いて下っても時間的にそれほど変わりません。
DSCF4530.jpg
昨日は岩手山焼走り口から噴出口へ。途中ホウキタケ類が大豊作でした。第三噴出口周辺の斜面にナギナタダケがこれまた大豊作!食菌ですがたくさん採って食べるというものではないですか。
DSCF4475.jpg
上空に寒気が入り今朝は放射冷却で「寒い」と感じるほど。クスサンの季節もそろそろ終わり。羽がボロボロになったのがまだ生きていました。次世代への命のリレーお疲れ様。
DSCF4469.jpg
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://noyamawokakeru.blog.fc2.com/tb.php/233-72c93a67

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫