秋の虫と歌

 2014-08-30
DSCF4186.jpg
生後4ヶ月の仔猫たちはすくすくと育ち、庭の小さい畑は彼らの良き保育園となっています。いつもと違うものがあると、どれかがすかさず「占領」。ネコ車にネコ!
DSCF4189.jpg
砂利の上にはいろいろな玩具(おもちゃ)が。エノコログサの穂、クスサンが出た後の繭(スカシダワラ)、ハタネズミの尻尾ーーー。昆虫も仔猫の格好の標的です。トンボ、蛾、蝶、コオロギ、バッタ。捕えるとそのままお八つに。体は大きくなってきましたがまだまだ甘えん坊。やっぱりクロ母が一番のようです。
DSCF4272.jpg
コオロギが玉を転がすような美声で鳴いています。草むらに見え隠れしていますが撮るのは意外に大変。じっとしていないのです。コオロギの声(羽の音ですが)を聞くと『一日に何度も』(合唱曲)を想い出します。「お母さん、お母さん」と始まる混声三部合唱、中学時代、夢中になって歌いました。
DSCF4266.jpg
県民の森でトレーニングしていると、この頃よく「キチキチキチキチ」とバッタが飛ぶ羽音。トノサマバッタですが結構目立つ音です。トノサマバッタはキチキチバッタではなく、ショウリョウバッタがキチキチバッタと呼ばれます。『キチキチバッタ』の唄、こちらは小学1年の時に歌いました。「キチキチバッタ、キチバッタ、踏ん張りバッタ、飛びバッターーー」中田喜直の曲。
DSCF4285.jpg
今日は近くの妻の神キャンプ場から松川の河原に降りてみました。昨年9月にはあの橋が激流を被って渡れなくなったのでした。恐るべし、水の力!
スポンサーサイト
タグ :
コメント
キチキチバッタの歌!
初めて聞きました~! 俺は記憶にないです、俺も歌ったのかなぁ~(^^;
レトロな感じのメロデーですね。
【2014/08/30 20:28】 | あら #- | [edit]
あら様:教科書には無かった?『みんなのうた』かも。4拍子ですがちょっと陽旋法的メロディーで古風な感じ。短いけどリズミカルで今でも歌えちゃう!ヨリピー
【2014/08/31 06:24】 | ヨリピー #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://noyamawokakeru.blog.fc2.com/tb.php/229-90146bb0

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫