夏の終わりに再会

 2014-08-25
DSCF4118.jpg
お天気がぐずついたこの夏、青空の下で短い命の引き継ぎをする虫たちにも厳しい夏となりました。ヨツバヒヨドリの花も色褪せてしまい、今年はもう遅いかと思いながらも松川の奥に向かいました。久々に日が差してきて、いつものあたりにまだアサギマダラたちが舞っていました。この夏も何とか再会出来ました!
DSCF4133.jpg
山の空気はもう秋。道端にはウメバチソウもちらほら顔をのぞかせています。
DSCF4161.jpg
先程まで雲の中だった源太ヶ岳の頂が見えてきました。草原も少し黄色っぽくなってきたのでしょうね。頂上直下一帯のササ斜面はざらめ雪の頃、とても快適に滑れます。
DSCF4158.jpg
昨日、滝沢森林公園のツツジに絡まって咲いていたガガイモ科のガガイモ。アサギマダラの食草のひとつです。
DSCF4234.jpg
月一回のノルディックウオーキング講座は何故か晴天率が高いのですが、昨日も晴れ。NHK盛岡『お出かけNAVI』クルーが取材に来ました。春~秋、定期的に森林公園を歩くと、植物たちの芽から花、そして実になって枯れるまでの姿を見ることが出来ます。虫や動物も勿論のこと。
DSCF4197.jpg
時には足を止めて、季節のキノコ観察も楽しいです。幼菌と老菌がまるで違う種類みたいに感じるキノコも多く、奥が深いです。アカヤマドリがたくさん出ていました。優れた食菌ですが「過ぎる」と凄い匂い(臭い!)になりますよ。
DSCF4201.jpg
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://noyamawokakeru.blog.fc2.com/tb.php/228-95d455f2

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫