夏は終わった?

 2014-08-18
DSCF4028.jpg
7月26日に梅雨明けして以来夏らしかったのは一体何日あったでしょうか。さんさパレードの頃かしら。お盆前から前線が停滞して八幡平山麓は薄ら寒いような雨降り続き。気の早いモミジは早色付いてきました!
DSCF4048.jpg
トレーニングも少しづつシフトアップして稲庭岳を歩いてみました。このところの雨で掘れたりやや滑りやすかったり、とはいっても安心して歩ける道です。アカネトンボが無数に飛び交っていました。里では田畑に薬を撒いているのでこんな大群は見られなくなりましたが。山頂に着くと、ちょっと青空が覗き日が差しました。
DSCF4059.jpg
道中、ヨツバヒヨドリが結構あったのですがアサギマダラの姿は見えず。山頂の草原には大きなキアゲハが何匹も行ったり来たり、縄張りの主張でしょうか。時々キベリタテハやカラスアゲハ?も来ますが彼らの旗色はよろしくないようでした。
DSCF4069.jpg
この頃気になる樹の花はタラノキ。こんなところにあったのか、来年の春には芽を探さなくてはと思うのですがすぐ忘れてしまいます。家の近所の赤川沿いのタラの花には、何とたくさんのキイロスズメバチがたかっていました。近くに巣があるのでしょうね。気をつけなくては。
DSCF3990.jpg
何となく窓の外を眺めていると、庭先のキクの葉に何かが舞い降りた!急いでカメラ片手に出てみると、そこには(ミヤマ?)カミキリが着陸(葉)していました。カミキリムシの飛行の仕方は独特。直立した姿勢のまま内側の羽をボワーッとさせるのですが、頭と長い触覚が結構目立っていて遠目にも「カミキリムシ」と認識できるのですよ。
DSCF4004.jpg
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://noyamawokakeru.blog.fc2.com/tb.php/226-8701f935

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫