野の花も夏後半

 2014-08-14
DSCF3973.jpg
お天気も回復して屋外でトレーニング再開、暑さは一段落ですが雲間からの日差しはまだジリジリしています。七時雨山麓の牧場歩き。大きいアブたちは姿を消し(シロフアブは健在)可愛い蝶々が飛び回っていました。貴方はウラギンさん?それともミドリさん?
DSCF3934.jpg
稲庭岳が綺麗、などど見とれていると所々の「牛のお土産」にハマるので足元に集中!登山者がちらほら、一組は道無き牧草畑を登って3合目に来ました。道に迷ったとのこと。「道標あったでしょう?」と聞くと「2合目駐車場って意味よく解らなくて通り過ぎた」「左折が2合目右折が駐車場ですよ」というと「ハアーッ」。わからない時というのはこんなものですね。すぐそこに見える山なのに迷ったりすることは確かにありますが。
DSCF3955.jpg
牧草畑の道端に咲くクサレダマ。「腐れ玉」でなく「草連玉」。サクラソウの仲間です。「ツツジ燦々道」側へのこの道は草茫々でした。トレランから2ヶ月経つと刈ってあった所もこの有り様。時々野バラが茎を伸ばしていて引っかかると痛いのなんのって。また性懲りもなくランパンだったので大事な脚が傷物になりました。
DSCF3963.jpg
キンミズヒキ、ヌスビトハギも咲いていました。あと少しすると「ドロボー」となって色んな所に引っ付いてきて人間も彼らの繁殖活動に一役買わされますが、服に着くと取り除くのが大変。
DSCF3975.jpg
スポンサーサイト
タグ :
コメント
やはりドロボーって言うんですね!
でも、方言ですよね(^^;
【2014/08/15 12:30】 | あら #- | [edit]
あら様:お元気でしたか?岩手南部の方言でしょう。伊達(宮城)は「バカ」と言うみたい。客様から習いました。ヨリピー
【2014/08/15 14:43】 | ヨリピー #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://noyamawokakeru.blog.fc2.com/tb.php/225-401ab26f

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫