種差再訪

 2014-06-22
DSCF3272.jpg
種差海岸で再び一仕事。5日前とはまた違った草花との出会いがありました。岩場にお出ましのスカシユリ。
DSCF3280.jpg
ガガイモ科のフナバラソウ(舟腹草)。葦毛崎周辺には赤紫系のシックな装いのシュロソウや花としては目立たない薄緑系のアオヤギソウが一緒に群生、どちらともつかない「ハーフ」もあり興味が尽きません。
DSCF3324.jpg
ニッコウキスゲも一段と増え、ノハナショウブの紫との相性抜群。岩場にへばりつくのはツタウルシ。ハマハイビャクシンやハマギクにも絡みつきます。歌い続けるホウアカ。2011の津波は車道を簡単に呑み込み散策路のフラワーラインも塩水を被ったのですが、内陸から進出してきた外来種の草花はダメージを受けたけれど元から生えている植物は生き延びたそうです。
DSCF3334.jpg
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://noyamawokakeru.blog.fc2.com/tb.php/213-7134f3ec

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫