涼やかに真昼岳ブナ林散歩

 2014-06-12
DSCF2973.jpg
梅雨に入りあちこちで大雨が降っている中、昨日は山慣れた女子5人チームと雨具を着ること無く山歩きが出来ました。標高千メートルそこそことは思えない険しい山容の真昼岳、霧が渦巻く稜線から時折垣間見える東面の深い沢はまだびっしりと雪。東風のこの日、風下の仙北平野は薄日が差していて、悪天の岩手側と明暗を分けました。
DSCF2979.jpg
南西向きのブナ林は風が抜けて何とも爽やか。半年近く豪雪に埋もれているブナの下部は地衣類も少なく白白としています。そのせいでしょうか、林床の緑の上に林全体が浮いているように見えるのです。
DSCF3086.jpg
昨年はブナの実が大豊作でこの春はベビーラッシュ!でもこの中の一体何本が生き延びられるのでしょうか。
DSCF2981.jpg
ブナ林からミズナラやトチなどの広葉樹へと下っていきますが、サワハコベ、タニギキョウ、マイズルソウなどなどごく小さな草花や時折飛び出してくるエゾハルゼミやサカハチチョウたちが地味な林ウォーキングの引き立て役として登場してくれました。沢に下りると、これまた小さいアズマシロカネソウたちのお出迎えをいただきました。
DSCF2985.jpg

スポンサーサイト
タグ :
コメント
順子さま

八幡平もとうとう梅雨入りしたのですね。

こちらは一日のうち晴れ、雨の繰り返しと30℃近い気温で苦戦してます。
うちの近くでは今日、雹が降りました(*_*)

安定しない天気なので、登山にも行けずストレスが溜まります・・・

まぁ鹿
【2014/06/13 17:58】 | まぁ鹿 #- | [edit]
まぁ鹿さま:気候の激変化、怖いですね。それにしても、もう30℃ですか。湿度も高いのでしょうね。くれぐれもお体お気をつけて!ヨリピー
【2014/06/13 21:30】 | ヨリピー #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://noyamawokakeru.blog.fc2.com/tb.php/210-573d66ef

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫