春紅葉と残雪のハーモニー

 2014-05-12
DSCF2312.jpg
一昨日の八幡平は標高が上がると新雪が数センチ積り、霧と強風で冬の世界に逆戻りでした。樹海ラインから半周以上して、樅山付近でやっと視界が開けたのでステップソールのスキーでひと滑り。正午頃サーッとガスが払われてきましたがタイムオーバーで下山です。御在所の向こう側、ダケカンバの樹海も春色です。
DSCF2322.jpg
赤川右岸の尾根も春紅葉真っ盛り。紅葉も良い所ですが「春のパッチワーク」も見事です。下倉山のゲレンデの雪もまだ残っています。この冬は本当に雪が多かった!
DSCF2271.jpg
ツグミ一家のお散歩、七時雨山の雪も残り僅か。でも行ってみると意外と多く雪が残っていたりするものです。北側斜面や沢筋、樹林下の残雪で夏道を見失うこともしばしば、低い山でも決して侮れません。昨日は西和賀町湯田の山へ行って見ました。こちらもこの冬の記録的な大雪で登山口から残雪を踏んでのハイキング、長靴で来て正解でした。
DSCF2376.jpg
雪解けしたところから一斉に花が咲き出していました。お天気が良いと春の妖精たちはホントにご機嫌が良くて嬉しいです。峠にあとひと登りのあたりはびっちり雪。といってもブッシュも出ているので、上手にルートを取らないとヤブ漕ぎを強いられ厄介な事になりますが。
DSCF2353.jpg
峠に出るとーーーまず雪たっぷりの鳥海山がお出迎えです。そして焼石連峰も一望できます。このコース、まだ雪が多いので行き会った人は一組二人だけ。古の峠道を静かに辿りました。
DSCF2355.jpg
峠越えをして秋田側へ。林道と交錯したハイキングコースですが、こちら側も残雪が多くて標高300mを下回っても路上に雪が盛り上がっている場所がある程。誰ぁーれもいない山麓の林に見え隠れする谷地のあたり、クマ様が好みそうなロケーション。大きな方の鈴を持ってきて良かったけれど油断できない雰囲気です。遠くからブーンと音が続いています。やがて、単車で山菜採りの男性が一人下ってきて挨拶。少し肩の力が抜け、雪椿を撮る気になったのでした。
DSCF2385.jpg
スポンサーサイト
タグ :
コメント
こんばんは(^^)
鳥海山と焼石が見える峠ですと白木峠ですね~
久々に雪椿が見たくなりました。
【2014/05/12 19:24】 | あら #- | [edit]
あら様:ご名答!雪椿もこれからですネ。今週末が本番ですが道はグチャグチャだったり木や枝をまたいだりで「長蛇の列」は顰蹙を買うか(冷汗)ーーー。ヨリピー
【2014/05/12 20:30】 | ヨリピー #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://noyamawokakeru.blog.fc2.com/tb.php/202-5ec3629c

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫