残雪剥がされゆく山肌

 2014-05-08
DSCF2187.jpg
連休後半に寒気が入った八幡平エリア。最終日振替休日も山岳道路がお昼まで閉鎖ということで、のんびりと松川から奥産道を散策しました。昨日滑った源太ヶ岳上部斜面にも雪が降ったようです。
DSCF2188.jpg
松川大橋から中倉~上倉の断崖がよく見えます。必死にへばりついていた残雪もどんどん剥がされ土砂も巻き込んで山肌が削られていき、ますます急峻になっていくのですね。奥産道沿いの丸森川や湯ノ沢とその枝沢は雪解け水が勢い良く流れ、さすがに「冬限定ルート」の通行も厳しくなってきました。初々しいの水芭蕉たち!奥山の春を実感します。
DSCF2197.jpg
連休明けの日、お天気マークの「晴れ」に誘われ再び雪山に足が向いてしまいました。しかし裏岩手連峰側は黒い雲が去来し、雪質も新雪がシャーベット状になっていてベストコンディションとはいえず。最近目につくのは大雪による木々の枝折れ。背の高いダケカンバも上部の枝までが雪に埋もれお辞儀をさせられています。柔軟な木質とはいえ折れたり裂けたりしているものが目立ちます。
DSCF2200.jpg
風下側の斜面も厚く吹溜り、その雪の量に耐えかねてズタズタに亀裂が入ってしまいました。尾根から滑りたい斜面を見て「うわーッ、雪が無い!」と思わずガックリ。
DSCF2215.jpg
稜線をしばらく右往左往してやっと滑れそうなポイントを見つけいざ滑走。湿った新雪がズルズルして快適とはいえないものの、このお気に入りの斜面からこの春も少なからず満足感をいただくことができ、感謝!
DSCF2246.jpg

スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://noyamawokakeru.blog.fc2.com/tb.php/201-4b5731a8

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫