里山で日向ぼっこ

 2014-04-22
DSCF1795.jpg
出かける前に物置小屋へ行ったり来たりと二人してバタバタ。スキー山行から久々の登山靴での春~秋の山歩きということで、日帰りに持っていくザックもその中身も替えるのです。雪山で使うザックはスキーが取り付けられるタイプで携帯スコップや雪崩対策装備、スキーの修理道具、ワックス、ゴーグルなどなど。スキーを使わない季節は雨合羽、防虫スプレー、熊鈴、山の幸収穫時の袋などを用意、ザックは泥汚れなどがあまり目立たない色にしています。
DSCF1788.jpg
昨年の今頃は遅くまで「寒の戻り」が続き名残雪が降ったりでしたが、この春の到来は順調で里山の花も盛りとなってきました。カタクリ満開そしてタムシバも咲き出しました。
DSCF1789.jpg
見るだけで収穫はしませんが、カタクリ、オオウバユリの若芽、シュンランも山の幸です!
DSCF1792.jpg
ヒオドシチョウが道案内をしてくれました。いやいや私達に追いつかれ、前の方に逃げてはまた追いつきの繰り返し。その度にカメラを構えズームにすると蝶を見失う。警戒して羽を閉じると落葉とすっかり同化してしまいます。
DSCF1803.jpg
春の日差しがたっぷりでミスミソウも大喜び。八幡平山麓は晴れても雪で真っ白な山々を渡ってくる風がまだまだ冷たいのですが、北上盆地はすっかり春の陽気に包まれていました。
DSCF1814.jpg
スポンサーサイト
タグ :
コメント
もしかして花巻にいらしてましたか!
今日も40名ほどの団体が来てたようで去年の団体を案内してた事を思い出しながら山友と話をしてました。
私は六郎山へのお客様を乗せて行ってました。

台温泉の周りの山はミスミソウが何処も満開なようで道端の斜面にもいっぱい咲いていましたね。
【2014/04/22 20:44】 | あら #- | [edit]
あら様:ニアミスッぽかったデスね。下見がてらのお花見を楽しみましたが、みんな咲いちゃったので本番はどうなることやら(汗)。ヨリピー
【2014/04/23 07:49】 | ヨリピー #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://noyamawokakeru.blog.fc2.com/tb.php/196-574ab8f7

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫