Semana Santa  (四旬節)

 2014-04-18
DSCF1678.jpg
春分後の満月を経た日曜日が復活祭(イースター)。今年は明後日20日ですが、日本では降誕祭(クリスマス)ほど一般的ではありません。というか降誕祭もクリスマス・イブで終わってしまうのが「日本流」ですが。中南米で暮らしていたこの時期は”Semana Santa”(聖週間)ということでイースターを含め約5日間位が連休でした。信心深い人々は習わし通りに粗食をしたりミサに出向くのですが、多くは故郷に帰り家族と共に祝いお金持ちは遠くへ旅行。役所も学校も休みで仕事にはならなかった記憶。キリスト教徒最大のお祭りですので。
DSCF1736.jpg
3日ほど前から岩手山の「鷲型」が再び現れました。翼の正体はスコリアという黒い溶岩、この黒い部分の面積が増えると東~北東側斜面の雪解けが加速します。焼走り溶岩流も斑になりました。姫神山の家来といわれる送仙山の麓からの眺め。
DSCF1741.jpg
本日開通した八幡平アスピーテラインで茶臼口まで車で行き、楽をして茶臼岳山頂に立ちました。先月まで凍っていた山頂のコメツガも青々としています。遠目にも雪の回廊が高そうに見えます!
DSCF1742.jpg
こちら側は樹海ライン。ガーンガーンと除雪作業の音が山々に響いています。よーく見ると「涼風の滝」を越した尾根付近にバックホーが奮闘中。こちらは25日開通予定です。茶臼岳からざらめ雪のバーンを滑り下り、再び車でアスピーテラインを見返り峠まで。なかなかの高い壁が続きますが、吹溜りがいかに積雪量が多いかが改めて実感できます。
DSCF1764.jpg
さて、壁は壁でもこちらの壁は県営運動公園の新しくできたクライミングウォール。A面B面と2面で高さ15m、どちらも垂直以上(出だしからオーバーハング)で壁の角度が変えられるタイプです。岩手国体を見据えての設備ですが「うわーッ登るの大変そうっ」と登る前からビビリモードに入るのでした。
DSCF1727.jpg

スポンサーサイト
タグ :
コメント
順子様

こんにちは いつも八幡平の景色拝見してます。
夕べ、BS観ました。
三月のパウダー、うらやましいです。

また来シーズンお邪魔するまで・・・

まぁ鹿


【2014/04/19 12:37】 | まぁ鹿 #- | [edit]
まぁ鹿さま:お久しぶりです!あっという間にざらめ雪の季節になりました。スキーも早終盤ですね。麓を歩くと山菜が気になります。ヨリピー
【2014/04/19 17:37】 | ヨリピー #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://noyamawokakeru.blog.fc2.com/tb.php/195-c95a8d61

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫