春分、八幡平は春まだ遠くーーー

 2014-03-21
DSCF1226.jpg
昨日通過の南岸低気圧が湿った雪を降らせ、春分を迎えたというのに山麓は再び冬景色となりました。八幡平は乾いた雪に覆われていましたが春に降る雪は落ち着かず、多様な雪崩に気をつけなくてはなりません。積雪を観に行くと「ツィツィジャージャー」黒いベレー帽のハシブトガラに会いました。
DSCF1239.jpg
山に入るとまだ冬の様相。この冬の八幡平の積雪量は相当なものでした。3月に入っても吹雪が続き、雪庇も巨大化して内部構造は随分と複雑。怪物の口の中という感じです。そんな中、アスピーテラインの除雪作業がすでに始まっています。まずは雪崩や落石の巣窟地帯の下を掘って作業の安全を図るようです。
DSCF1249.jpg

スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://noyamawokakeru.blog.fc2.com/tb.php/187-01a324f2

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫