紺碧の空!8日振りの茶臼岳

 2014-03-17
DSCF1173.jpg
3月半ばに入っても雪が降り続いた八幡平。御在所のアスピーテライン冬期ゲートも支柱までほぼ雪に埋まり、茶臼岳周辺の斜面も雪が吹き溜まってすっかりなだらかになってしまいました。先週の日曜に晴れて以来の穏やかな青空、なんと8日振りです。
DSCF1171.jpg
八幡平県境付近の樹氷も健在。というかここ10日くらいで更に成長した感じです。ほんとによく吹雪きましたから。でも明日からは気温も上がりそうですから、この景色もあと何日持つのか?
DSCF1183.jpg
茶臼山荘から荷降ろしをして下ります。正午、日差しは強いものの標高1500m付近の斜面はちょっと締まった粉雪状態。この時期にしては上々の滑走が楽しめました。
DSCF1189.jpg
先週は毎日天気予報とにらめっこ。「晴れマーク」も当てにならず、薄曇りの日が一日だけで撮影隊には厳しい天候でした。2週間通してまともに晴れたのは何日?因みに撮影最終日は生憎の「高曇り」。素人考えでは山もかろうじて見えるし何とか良いかと思いましたが、撮影となると、うーーんッという状況。でも雪質がとても良くて、滑っているときは何もかも忘れて(一瞬でしたが)楽しんでしまった我々サポート隊でした。
DSCF1128.jpg
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://noyamawokakeru.blog.fc2.com/tb.php/186-50be71cb

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫