南東からの岩手山

 2014-02-15
DSCF0829.jpg
建国記念日の祝日は山にたっぷり雪が降り、登りも滑りも雪まみれとなりました。そして翌日水曜は青空が広がる中、相ノ沢の牧場を訪ねました。春子谷地展望地からは鞍掛山に重なるように岩手山南東面がよく見えます。鬼又沢も雪が溜り傾斜が緩く見えますネ。
DSCF0813.jpg
相ノ沢キャンプ場から牧野へ、歩くスキーコースが作られています。ヒールの自由な(固定されていない)スキーを履くと雪上を歩くのが楽しくなります。スキーの原点、私の幼い頃のスキー締め具は革ベルト(現在も陸上自衛隊スキーで使用)に長靴ですから、ヒールフリーで歩き滑りジャンプするのが普通、裏山や畑で日が暮れるまでの冬の遊び。
DSCF0817.jpg
この日はスノーシューで歩きました。ボツボツと足跡をつけます。風があり行きのトレイルは消滅、帰りもボツボツ。南側には羽後朝日、和賀山塊がよく見えました。この日下見した仙台からのスノーシューツアーは本日の予定でしたが、またも週末にやってきた南岸低気圧による交通障害のリスクで催行中止。昨日は山並みが良く望めました。嵐の前の静けさです。源太ヶ岳山頂直下東斜面に結構な雪庇が張り出してきました。
DSCF0851.jpg

スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://noyamawokakeru.blog.fc2.com/tb.php/180-63d154ef

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫