予報どおりの「寒い冬」

 2014-01-14
DSCF0460.jpg
この冬は岩手山北側の定点観測(庭から目視)がなかなか出来ません。来る日も来る日も雪雲の中、先程ちらりとその姿を見せてくれました。雲の流れが速く人を寄せ付けない厳しさを漂わせています。
DSCF0454.jpg
このところの寒波でまた一段と雪が増えました。西風も強く、風下には雪庇や吹溜りが成長して崖も斜度が大分緩やかに。八幡平御在所のあたりで早3m近くの積雪です。昨日も山に入りましたが、重たい雪に覆われ登りも滑走もスキーの先がなかなか雪面に出ず、ただただ雪漕ぎに終始しました。
DSCF0443.jpg
今日も、昨日の続きの厄介な雪質、風で表面が締まり踏み込むとズブリとスキーが飲み込まれます。山裾の雪野原で穴を掘って積雪の具合を観ました。薄日が差していましたが西風が強くゴーゴーと山が唸り、カメラのシャッターを押す指が凍ってしまいそうな寒さ!
DSCF0438.jpg
スポンサーサイト
タグ :
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2014/01/18 18:06】 | # | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://noyamawokakeru.blog.fc2.com/tb.php/173-2c826d09

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫