「仕事始め」にやっと一息!

 2014-01-06
DSCF0380.jpg
八幡平は元旦からずっと雪降りです。正月中は休まずにスキーガイドの毎日、山のご機嫌を伺いながらのコース設定で気を緩められず。「仕事始め」の本日、ガイドは休業。でもいつものように山に向います。生憎の吹雪、緩い地形を辿って茶臼岳参り。目の先5mかそこらの視界でしたが、山頂の背の低いコメツガ群がすでに樹氷化したのを確認。天を仰ぐと、限りなく吹き飛んでくる雪の粒の彼方に弱々しいお日様が透けて見え、やがてまた真っ白な世界に戻りました。新雪の斜面と降る雪との境が認識できない危うい感覚の中での滑走、真綿の如く軟らかい「極上パウダー」。ひと冬に何度もは味わえないな、と思いながら滑り続けたのでした。
DSCF0385.jpg
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://noyamawokakeru.blog.fc2.com/tb.php/171-9da0c3f4

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫