非日常へ放り込まれる災害の恐怖!

 2013-09-17
DSCF8798.jpg
台風一過の今日、空は秋晴れ。しかし地上には台風18号の爪跡がたくさん残されておりました。悪い予想が当たり昨夕、松川が氾濫、北上川との合流点付近の渋民周辺に深刻な被害が出ました。家財も田畑も泥をかぶり、あっという間に日常が奪われてしまうのです。しかもこんなに頻繁に、すぐ近くにも起こるようになりました。
DSCF8852.jpg
昨日の午後4時半頃、松尾柏台付近の橋から見た松川は凄まじいものでした。地獄の底から響くような濁流の音と鼻をつく土砂その他の臭い、赤褐色の怪物が乱舞している様。一日経った今、荒れた河原を濁った水流が、一昨日までとは随分違う水路を作ってしまいました。岸もあちこち削られています。
DSCF8831.jpg
時間あたり50mmもの雨が降れば地滑りがあちこちで起こり始めます。土はもはや固体から液体に変貌するのでしょう。雪崩もそうですが斜度があればズルズルと崩れていくわけです。また、沢が溢れて田畑も野原も水浸しです。
水と共に運ばれてきた泥は粒子が非常に細かい粘土質で、濡れているとデロデロに滑り、乾くと亀の甲のように固まってしまい手に負えない土と化し、洪水の後始末が困難になります。水害の怖さを改めて思いました。
DSCF8841.jpg
スポンサーサイト
タグ :
コメント
痛ましいです。
気候変動で極端な気象が身近なものになってしまうのは、もう止められないこと。
どうやってそれに向き合って、つき合って、災害を減らす、被害者を助け合うのか、真剣に考えなければいけないですね。
大変な時代になったなぁ。
山も荒れていることでしょう。ご安全に。
【2013/09/18 06:41】 | ひろこ #590u5PLs | [edit]
この前の豪雨の時よりも雫石は降り方が弱かったような感じでしたが、今回は少し北の方が激しく降ったみたいですね

うちの農場の従業員も1人、床上浸水しちゃったようです

傾斜があると土砂崩れ、なければ洪水… まったく予想できないことが現実に起きてしまって、この歳になって初めて『雨って怖い』という気持ちになりました
【2013/09/18 10:32】 | 源 #kC1m9GwA | [edit]
ひろこさまへ:災害がこれほど身近になると「万が一」という頭から「万が千」に切り替えが必要ですね。山どころか里で遭難する時代ですね。ヨリピー
【2013/09/18 16:39】 | ヨリピー #- | [edit]
源さまへ:一昨日夕方見た怒り狂った松川がまだ目にちらついています。八幡平温泉郷地区(ノルハウス)も温泉給湯設備が破壊されたとか。豪雨も竜巻も雷もーーーほんとに怖いですね。ヨリピー
【2013/09/18 16:47】 | ヨリピー #- | [edit]
順子様 


時には優しく、時には怖い。
自然とは計り知れないですね。

ご無事で何よりです。

まぁ鹿
【2013/09/18 18:58】 | まぁ鹿 #- | [edit]
まぁ鹿さまへ:先日の嵐が嘘のような秋晴れが続いています。今から登山道が無事か見に行ってきます。ヨリピー
【2013/09/19 07:28】 | ヨリピー #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://noyamawokakeru.blog.fc2.com/tb.php/145-5f127b36

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫