憧れだった平庭高原

 2013-06-14
DSCF7215.jpg
時は小学2年に戻り、盛岡の高松町内会日帰りバス遠足で母と初夏の平庭高原に行く予定で、その日を指折り数えて待っていました。ところがその少し前、母がアキレス腱断裂で入院。遠足どころではなくなったのです。がっかりでしたが母はもっと悔しかったことでしょう。北海道で生まれた母は平庭の景色に故郷を感じていたのではと思います。DSCF7193.jpg
昨日の県北は澄み切った青空。平庭峠から遠別岳までの下見で10時過ぎにスタート、すでに強い日差しで平庭岳へ着くころには大汗をかいてしまいました。ジョウロ平のコバイケイソウはどれも蕾みをつけています。今年は当たり年かもしれません!
DSCF7195.jpg
遠別岳への稜線に出てやっと少し涼しい風。貸切の遠別山頂、と思いきや大きなアブがお出迎えです。岩手山、姫神、早池峰が薄雲の上に浮いていました。我が家から平庭~袖山方面が真東に見えますが、遠別山頂からも八幡平の町が良く見えます。松尾から平庭峠まで約1時間半弱、小学校当時盛岡からだと何時間かかったのでしょう?国道4号以外は砂利道の時代、現在は登坂車線もあって峠の通過もあっという間です。
スポンサーサイト
タグ :
コメント
順子様 

憧れの地、思い出の地
お天気がいいにはなによりですね~(*^_^*)

青空と新緑、岩手山・・・すばらしい眺めです!!

まぁ鹿
【2013/06/14 14:36】 | まぁ鹿 #- | [edit]
まぁ鹿さまへ:強い日差しに加えて湿度も上昇、八幡平山麓もますます暑ーい一日。真夏になったらどうなるのでしょう。体調管理に気を付けなくてはいけませんね。ヨリピー
【2013/06/14 20:16】 | ヨリピー #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://noyamawokakeru.blog.fc2.com/tb.php/120-be7d15be

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫