パステル色の中で階上岳散策

 2013-05-26
DSC00120.jpg
岩手県北、折爪岳を横切るあたりから山々もたおやかになり景色が明るくなるような気がします。杉林が減ってカラマツや白樺が多くなるからでしょうか。南郷に入ると臥牛山とも呼ばれる階上岳が意外に大きく見えます。三陸の「復興国立公園」誕生前日の23日に階上岳を散策してきました。
DSCF6800.jpg
ヤマセが入らず暖かい日差しの中、標高差550m余を登ると結構汗ばむほど。ニリンソウやイカリソウが目に優しく菫の種類も豊富な山道、ミヤマスミレの仲間のヒナスミレかと思い撮ってみました。山頂は広々としていて八戸や太平洋方面もよく見えました。
DSCF6793.jpg
地面に瑠璃色のブローチ、大きなヒメツチハンミョウ!数千個生むといわれますが産卵前なのか。こんな大物に出会ったのは初めてです。毒を出す虫だそううな。
DSCF6827.jpg
下山後、山麓の北やや海側の杉林の中のボルダリングエリア(花崗岩)を見に行き、隣接の寺下観音入口で階上そばをいただこうと「東門」というお蕎麦屋に入ってびっくり。吹き抜けの店内の奥に何とドラムセットやグランドピアノ!ジャズのライブハウスになっていました。かつて山下洋輔もこのスポットで弾いたとのこと。今度は聴きに来たいです。
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://noyamawokakeru.blog.fc2.com/tb.php/114-deac20ab

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫