身近な目線で春を感じる

 2013-05-08
DSCF6370.jpg
山菜の季節到来。タラの芽、ハリギリ、コシアブラーーー?よく見るとなんか違うかしら。これは我が家の庭のボタンの芽吹きです。ニリンソウとトリカブト、ウルイとコバイケイソウ、間違えると命取りとなることもある山菜の勘違い。「そんなの、間違えてバッカじゃねえの」と言ってはみるものの、出てきたての若芽は意外と同じように見えるもの。思い込むとなおさらそう見えたりするので注意ですね。
DSCF6408.jpg
田んぼの畦を赤紫のカーペットにしている張本人たち、ヒメオドリコソウ。紫蘇の葉ッぽいお召し物、そうです、シソ科の帰化植物。オオイヌノフグリもハコベもその座を明け渡サざるを得ないようですね。
DSCF6424.jpg
今日はやっと晴れて日差しは春、しかし風は冷たく感じました。雫石の男助山を下見。コゴミが顔を出していたりで楽しい道中。そして小鳥たちとの出会いも。カラ達、センダイムシクイ、鶯(やっぱり鴬宿ですね)、キビタキ、そしてこの目の覚めるような蒼色のグラデーションの羽はオオルリでしょうか。かろうじてそれらしき姿が写っていました。
スポンサーサイト
タグ :
コメント
順子様

東北にも春の気配ですね(^^♪
たらの芽、こしあぶら、こごみ等々
いいですね~

先日残雪の安達太良山登山に行ってきました
市内は桜が満開でした

まぁ鹿
【2013/05/11 17:34】 | まぁ鹿 #- | [edit]
まぁ鹿さまへ:八幡平山麓の桜もやっと見頃、コブシも梅も連翹も一斉に咲いていますよ。山の雪は豊富ですが良いザラメにはなってません。ヨリピー
【2013/05/11 19:06】 | ヨリピー #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://noyamawokakeru.blog.fc2.com/tb.php/108-6dbc0f39

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫